校長だより

日々の出来事を、校長がお知らせします。

デザイン科卒業作品展

2017.11.17

IMG_0310.JPGIMG_0316.JPGIMG_0318.JPGIMG_0324.JPGIMG_0351.JPGIMG_0352.JPGIMG_0356.JPGIMG_0376.JPGIMG_0377.JPG
 11月15日(水)から19(日)まで、浦添市美術館でデザイン科卒業作品展が開催されます。デザイン科で学んできた生徒たちの集大成となる展示会です。実習と課題研究の時間を中心に、互いに切磋琢磨しながら磨きをかけています。クラフトデザイン班から造形デザイン班、窯業応用班、スクリーン印刷班、グラフィックデザインⅠ班・2班、伝達メディア班、Movie班まで8班のグループ構成で展示発表がなされています。その一部を紹介します。11月17(金)、18(土)は浦添市体育館にて沖縄県産業教育フェアが開催されますので、産業フェアにお越しの際は、そのお隣の美術館まで是非ご来場お願いします。

1年生合唱コンクール

2017.11.8

utagoe1.JPGutagoe3.JPG
utagoe2.JPG
 11月8日(水)の午後、本校体育館において校内1年生合唱コンクールが行われました。今年度は少し趣を変え、少しでも多くの教職員に聞いてもらいたいという願いもあり、てだこホールから本校に変更になりました。曲目は「STORY」「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」「ひまわりの約束」「友~旅たちの時」「ハナミズキ」など、それぞれのクラスで選曲し、約3ヶ月間、授業を通して練習に取り組んできた成果が披露されました。昨年度に引き続き、チームワークの良さがもろに表れてくるものだと感じました。集中力と団結力の結晶だと思います。そんな中、みごと1年6組さんが「あなたへ」を唱いきり、優勝の栄冠を勝ち取りました。それぞれのパートがバランス良く強弱も現れていて、グッと迫ってくる演奏だと思いました。おめでとう。

校内料理コンテスト

2017.9.12

chori1.JPGchori2.JPG
chori3.JPGchori4.JPG
 今年も調理科の生徒たちは、料理の腕を競ってコンテストに挑戦しました。このコンテストは学年毎に行われます。夏休みにかけて自ら考え抜いたレシピのもとに試行錯誤を繰り返し、練習の成果を発揮してくれました。見栄えや味もうまくいって、そのまま商品化化できそうなものもあれば、色や形の見た目がうまくいかずにくやしい思いをした生徒もいます。生徒の皆さん、ご苦労様。

夏休み小学生ロボット体験講座

2017.8.17

jogi1.JPGjogi2.JPG
jogi3.JPGjogi4.JPG
 情報技術科では8月3日の中学生向け体験入学を終え、8月17日(木)には、浦添地区の小学生を対象にLEGO MINDSTORM を用いたプログラミング体験講座を開催しました。試験的な講座ということもあり広く広報はしておりませんが、集まってくれた子どもたちは、簡単なプログラムで実際にモノが動くという体験をし、プログラミングの楽しさを学んでいました。右へ回転、左へ回転、前進、後退など、色んな命令をプログラムして機械を操っていました。将来のスペシャリストが育っていくことを期待して...。指導に当たってくれた在校生、3年生の皆さん。ご苦労様でした。

保護者向け就職対策講座

2017.6.28

sinro.JPG
 保護者として子どもの就職をどのようにアドバイスしていったらいいのか、また特に県外に出す場合、どんなことが考えられるのか、県外就職のメリット、デメリット等、(株)ワークステーションから青木英治様を講師としてお招きし講演をしていただきました。
 「就職は子どもの一生を左右するイベントであるので、しっかり相談にのってほしい。」「給与待遇を見る場合は、額面だけでなく、完全月給制か否かも確かめること」「県外は心配と思うかもしれないけれど、一歩踏み出す事が大切。子どもが自立、成長する大きなチャンス。」「県内就職のデメリットは、非正規雇用の会社が約5割もあること。給与待遇が県外に比べて2割から3割は低い。」「正規雇用の企業は、個人がもらう年収の倍近い額を会社で負担している」などなど、たくさんのアドバイスがあり、その視点で自分の子どもに助言してほしいとありました。早期離職率の高い沖縄県ですが、子どもとのしっかりとした対話が重要であることは今回の講演からも学ぶことができました。

ふじ学徒隊ドキュメンタリー

2017.6.20

heiwa.JPG
第二次世界大戦の終戦から72年目を迎え、今年度の平和学習として約50分のドキュメンタリー映画を鑑賞することとなりました。『ふじ学徒隊 -「死」から「生」へ生かされた女子学徒隊 -」というタイトルでした。戦況悪化に伴い、那覇市に存在した積徳女学校の生徒が看護訓練を受け、25名がふじ学徒隊として従軍することになったとのこと。内2名が戦死、1名が戦後まもなく心の傷により自死。戦争の凄惨な現場をくぐり抜け、手術の補助、切断した手足の廃棄、傷病兵の看護、水汲み、食事の運搬など不眠不休で取り組んできた様子が、インタビューを通して伝わってきました。二度とこの平和な世の中を壊してはいけない、悲惨な戦争を繰り返してはいけない、という熱いメッセージが伝わるドキュメンタリーでした。戦争体験者が減っていく中、貴重な話が聞ける時間となりました。

第1回オープンキャンパス

2017.6.14

open1.JPGopen2.JPG
梅雨の真ただ中、今日は朝から雨が強く降り続いています。水がめを心配するところもありますが、雷も響き渡る、このあいにくの雨の中、多くの中学生がオープンキャンパスに来校してくれました。本校の特徴を一言で言うと、「確かな技術ときらめく世界がここにある。-4つの学科がめざすスペシャリストへの道-」ですと紹介し、担当からスライドショーで全体像の説明をしたあと、各科の実習見学に入ってもらいました。各科ともそれぞれの実習着を着用し、スペシャリストをめざして学習に取り組んでいる様子を見せてくれました。ある実習では在校生による説明もあり、工業高校の実習をより身近に感じる一時になったと思います。次回は8/3(木)に体験学習として予定されています。乞うご期待!!

高校生ものづくりコンテスト家具工芸部門

2017.5.19

mono_0.JPGmono_1.JPGmono_2.JPGmono_3.JPGmono_4.JPGmono_5.JPGmono_6.JPG
沖縄県工業教育研究会インテリア部会と沖縄県高等学校文化連盟が主催する家具工芸部門の沖縄県大会が本校で開催されました。沖縄大会は第2回目となりますが、今回6名がエントリーして日頃の練習成果を発揮してくれました。製作課題はイーゼルと呼ばれる絵画等で用いる道具で、シンプルかつ小型のものです。2時間半という制限時間内にいかに正確に美しく仕上げることができるか、また作業手順を正しく、手際よくかつ安全に行われているか等が審査されます。厳正な審査の結果、昨年に引き続き新里浩希君が優勝しました。審査員からは、墨付けは先の尖った鉛筆を用いて正確に行うこと、ノコやカンナをかけるときは息を止めてぶれないこと、ノミを入れるときは刃幅の適正サイズのものを選択すること、安定した場所で行うこと、等たくさんの貴重なアドバイスがありました。九州大会に向けてさらに技術を磨き、好成績をあげられるように期待しています。

奨学金とはどんなもの?

2017.4.28

syogakukin_1.JPGsyogakukin_2.JPG
保護者向け進路研修会第一弾として、奨学金についての講話を実施いたしました。奨学金と言えばこの方、という代名詞にもふさわしい久米忠史先生をお招きいたしました。ゴールデンウィーク前の週末にもかかわらず、60名近くの保護者の方々が感心をもって集まっていただきました。「奨学金には無利息で借りられる第一種、利息付きで借りられる第二種があります。その他、給付型という返済無しのタイプもありますが、条件がきびしいです。」等、基本的な事からはじめてわかりやすく、詳しく説明していただきました。すべて生徒、保護者のことを思っての説明、注意事項を伝えていただきました。「一般の金融機関で設けられている教育ローンは、受験費用と入学金など、奨学金がおりてくるまでのつなぎで活用すると良いです。」というノウハウもありました。しかしながら、大学を卒業した後の返済は生徒本人にかかってくるわけですから、やはり親と子のコミュニケーション、しっかりとした対話が何よりも大切という事でした。

はじめてのイベント

2017.4.14

sinkan_1.JPGsinkan_2.JPG
sinkan_3.JPGsinkan_4.JPG
生徒会主催のはじめての学校全体のはじめてのイベント、新入生歓迎球技大会が開かれた。さわやかな天候の中で赤色パンツの1年生ものびのびと、クラス内あるいは他のクラスや先輩クラスと交流を深める機会になったと思います。コートの外からの応援にも熱が入り、手を叩いたり、声を掛け合ったり・・・。一致団結を図るサークルを作っての話し合いもありました。

新しい風が吹いてきた。

2017.4.11

nyuugakusiki.jpg
在校生にとっては2週間ほどの春休みを挟んで新しい年度を迎えました。その間、学校は転出する教職員を送り出し、新しく転入者を迎えました。そして4月7日には、初々しい新入生を迎えました。新しい風が校内を取り巻いています。1年オリエンテーション、対面式、部活動紹介と続いていきますが、早く学校に慣れて楽しめるようにと願います。3月28日の新入生オリエンテーションでは「先を見つめること」として、高校生活3年間の後の、飛び出していく先、進路先を意識してほしいとお願いしました。先を見つめることによって、今何をすべきかが見えてくると思います。あっという間の3年間、充実したものとなりますように。

生徒意見体験発表大会と作品成果発表会

2017.1.27

ikentaiken.JPG
沖縄県工業教育研究会が主催する生徒意見体験発表大会が浦添市てだこ小ホールで開かれました。」本校からもインテリア科2年の豊元真希さんが代表として発表し、みごと優秀賞を得ました。
「若者が海外へ行く大切さ」と題し、台湾研修へ参加した体験から、海外にいって学ぶことの大切さを堂々と発表してくれました。
台湾という国の素晴らしいところだけでなく、課題や問題点を見いだし、逆に日本のいいところや改善すべき点を多く学び取っていました。発表ご苦労様でした。



kujira_1.JPG
同時に開催された工業高校生徒研究成果発表大会では、昨年11月に開かれた産業教育フェアの中で作品審査され上位入賞を受けたチーム(3チーム)が発表を行いました。
デザイン科3年の島袋乃吏佳さん、島ひかりさんが優秀賞を受賞し、その成果発表を行ってくれました。

kujira4.pngkujira_3.JPG
タイトルは『手すき和紙プロフェクト~伝統技法を用いた立体オブジェクトの製作』で、和紙の原料である「みつまた」を加工するところから始まり、伝統工芸である和紙をつかった工芸品にチャレンジした様子をわかりやすく解説してくれました。
クジラの形を型取りして、竹ひごを組み合わせ、その上に和紙をのり付けいてく工程がよく伝わってきました。
受賞おめでとう。

福祉家具の贈呈式

2017.1.30

hukusikagu-1.JPGhukusikagu-2.JPG

インテリア科3年生が1年間かけて製作した福祉家具を施設に納品し、贈呈式を行いました。
浦添市にある障がい児デイサービスこっこさんが、受け入れて下さいました。

10名の生徒たちは、5月の聞き取りに始まり、寸法取り、設計等、何回か足を運んで施設に必要でかつ喜んでもらえる作品づくりを心がけて製作に励んできました。
今回10名は、スロープトイ、木製車いす、イラスト棚、ランドセル棚、子供用いす、机、小いす、踏み台に挑戦しました。

日頃、地域の方々にたくさんお世話になっていますが、なかなか地域のためにやれることは少ないと思います。
そんな中、インテリア科の生徒の皆さんは積極的に自分たちのできることに取り組んでくれました。
地域の方々に喜んでもらえることは、彼らにとって今後の大きな自信につながることを確信します。

桜が開花

2017.1.19

sakura1.JPG

 本校は、正門から校舎に至るまで400m近くもあり、その通路を桜並木が色を添えてまいります。
ここ数年、台風でダメージを受けたせいか桜の木々も少し元気がありません。
しかし、今年は蕾をたくさん付けておりますので、一つ一つの開花が楽しみです。
今週に入り寒さも訪れ、それに刺激されて桜たちも開花を始めております。

「締めの学期として忙しさが増す今日この頃、生徒たちに、職員に、また本校を訪れる方々に希望と元気を与えておくれ、桜たち。」

情報技術科の課題研究発表会

2017.1.16

jogi.JPGjogi2.JPG

新年あけましておめでとうございます。

1/16日(月)、浦添市てだこ小ホールにて情報技術科3年生による課題研究発表会が開催されました。
情報技術科2クラスはそれぞれ、2学年から組み込み制御クラスとネットワークシステム類型に分かれて行きますが、発表内容を観てみると実に研究分野の幅が広く、バラエティに富んでいます。
ICT技術を用いて視覚的に表現したもの、触覚と音(聴覚)を組み合わせて制御するもの、コンテストに挑戦したもの、3Dプリンタによって形を生み出したもの、ゲームを創作したもの、最先端の追尾システムを夢見たものなど様々でした。
すべての班が完成形までたどり着くことはできませんでしたが、計画を立てて、ものを生み出して一通りの形に動かせるようになるまで、相当な苦労と試行錯誤があり、壁にぶつかっては乗り越えるというのを何度も繰り返すものだという、貴重な体験をしたと思います。
また、発表をとおして、ものづくりの楽しさも伝わってきました。
全13チームの発表で、各班のテーマは次のとおりでした。どれも情報技術を追い求めて工夫がなされていて見応えのある発表でした。

お疲れ様。

---------------------------------

①Arduinoを用いた LED花火の製作
②Arduinoを用いた光センサピアノの製作
③3Dプリンタを活用した モノづくり
④2Dゲーム製作 ~POTATO RUN
⑤マイコンカー製作
⑥LEGO mindstorm を活かしたロボット作り
⑦Android 育成ゲームアプリ開発
⑧UNITY 釣りゲーム
⑨障害物回避ロボットとライントレースカーの製作
⑩3Dドライブゲーム       
⑪3Dプリンタ
⑫リズムゲーム製作  Androidアプリ製作
⑬Kinectを使った追従制御 

1年生の合唱コンクール

2016.12.21

gassyo.JPG

12月21日(水)の午後、浦添市てだこ小ホールにおいて校内1年生合唱コンクールが行われました。
「友よ ~この先もずっと・・・」「心の瞳」「友~旅たちの時」「ハナミズキ」「15の夜」「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」「ひまわりの約束」など、それぞれのクラスで選曲し、約3ヶ月練習に取り組んできた成果が披露されました。
どの曲も合唱曲用に編曲されてグッとくる美しい曲ばかりでした。
照れくささや気恥ずかしさを乗り越えて、心を一つにすることができたクラスが優勝の栄冠を勝ち取ったと思います。
チーム力が試されるコンクールだと感じました。
音楽の授業は1年で終了しますが、これからも仲間を集めてコーラスに挑戦し楽しんでほしいと感じました。

優勝は「あなたへ」を唱った1年6組さんでした。おめでとう。

浦テクフェアへ来場ありがとうございました

2016.12.21

c3.JPG
地域、保護者の多くの方々のご来場のもと、盛況のうちに浦テクフェアを開催することができ、感謝に堪えません。生徒たちも最後まで粘りを見せ、作品製作、展示発表に励んでおりました。本校学習内容の全部ではありませんが、その一部をお知らせすることができたものと思います。今後もお気軽に足をお運びくださり、本校教育への支援とご協力をよろしくお願いします。情報技術科、インテリア科、デザイン科、調理科と各科の様子の一部を紹介します。残念ながら、調理科は味で勝負している部分が多く、今回は画像としてはわずかです。ご了承ください。

情報技術科
j1.JPGj2.JPGj3.JPGj4.JPGj5.JPGj6.JPGj7.JPGj8.JPGj9.JPGj10.JPG

インテリア科
i1.JPGi2.JPGi3.JPGi4.JPGi5.JPGi6.JPGi7.JPGi8.JPGi9.JPGi10.JPGi11.JPG

デザイン科
d1.JPGd2.JPGd3.JPGd4.JPGd5.JPGd6.JPGd7.JPGd8.JPGd9.JPGd10.JPGd11.JPG

調理科
c1.JPGc2.JPG

保護者向け進路講演会

2016.11.30

kinyu-1.JPGkinyu-2.JPG
  「大学に進学したい、専門学校に進学したい。」本校は専門高校ですが、約6割近くの生徒が進学を希望しています。その夢を叶えるには、先立つ物を備えておく必要があります。
どうしても自己資金を準備するのがきびしいという家庭には、いくつかの選択子があります。奨学金を借りることもその一つですが、昨今、その返済の厳しさが新聞紙上でも取り沙汰されています。
これらの不安を解消するために、またどのように進学資金を準備すべきか等のアドバイスをいただくために、金融広報アドバイザーである慶田城裕さんに講演をしていただきました。
一番印象に残ったことは、「家庭の中でもっと子どもと一緒に話し合って、家族全体で将来的に教育資金としてどれくらい掛かるのか計画を立ててほしい」ということでした。
一家の経済状況をさらけ出すことにもなるので、躊躇するところもありますが、大人としての経済観念を身につけさせるためにも是非一緒に進めてほしいとのことでした。

多くの保護者の方々が来校されましたが、もっと多くの方にも聞いていただきたい大切なお話でした。慶田城さんありがとうございました。

卒業生は語る「今できることを大切に」

2016.11.25

yabiku-2.JPGyabiku-1.JPG
 本校の卒業生である屋比久祥平さんが3週間の教育実習の最後に、後輩たちのために貴重な言葉を残していきました。

現在日本体育大学4年生の彼は、体育教師の免許取得をめざして母校で教育実習を行いました。高校生時代、大学生時代とレスリングで活躍し、国内外でもリオオリンピック代表をかけて各大会で競技に出場するなど、数々の実績を上げていますが、後輩たちに、今をどう生きるか、熱く語ってくれました。
「練習で100%の力を出し切れなければ、試合では決して100%の力は出すことはできない。だから毎日の練習を大切にしてほしい。スポーツだけでなく、身だしなみや授業態度も一緒です。好きなことの実現のためにいざ力を発揮しようと思ったら、日頃の生活から胸を張って恥じることがないような生き方をすることが肝心だと思う。一秒一秒の小さな積み重ねが大切で、準備が不十分だと自分のやりたいことは叶わない。」

また、目標を持つ事に対して、「目標が明確であればあるほど、やるべきことが見えてくる。そして準備を整えることができる。たとえ今、目標が明確でなくても、それを見つけるために準備する。
そうすれば見えてくる。」という心構えも語ってくれました。

後輩たちのために暖かい講演ありがとうございました。

残歴板が表に登場!

2016.11.16

zanreki.JPG
  今月も中盤に入り、密かにたたずんでいた浦テクフェアの残歴板がついに生徒玄関の目立つ場所に現れました。
各学科の学習内容を発表するのを目的に浦テクフェアが12月10日(土)、11日(日)で開催されます。
各学科とも作品の完成に向けて作業に力が入っております。

インテリア科の作業の様子を少し覗いてみました。
切る、穴を開ける、削る、なめらかにする、接着する等、真剣な作業の様子がありました。完成品が楽しみです。

sanda.JPGanaake.JPGbond.JPGnoko.JPGcut.JPGyasuri.JPG


過去の記事はコチラ




Copyright © 沖縄県立浦添工業高等学校 All Rights Reserved.

最新情報

2017.9.27
第3回オープンキャンパスは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。
LinkIconこちら

2017.9.21
10月の行事予定表の決定版をアップしました。
LinkIconこちら

2017.9.21
第3回オープンキャンパスの参加申込受付は終了いたしました。申込中学校一覧は下記のリンクでご覧いただけますのでご確認ください。
LinkIconこちら

2017.9.21
生徒会だより9月号(自分で考えるプロジェクト)をアップしました。
LinkIconこちら

2017.9.13
校長だより(夏休み小学生ロボット体験講座)(校内料理コンテスト)をアップしました。
LinkIconこちら

>>最新情報の過去のデータはココ↓
アーカイブ1.png

学校案内

LinkIcon一日のはじまり
LinkIcon校長室挨拶
LinkIcon校長だより
LinkIcon躍進(概要)
LinkIcon職員必携
LinkIcon教育課程表
LinkIconシラバス
LinkIcon学校要覧
LinkIcon学校評価
LinkIcon学校評議員
LinkIcon入試情報
LinkIcon浦工いじめ防止基本方針

各科の内容

LinkIcon情報技術科
LinkIconインテリア科
LinkIconデザイン科
LinkIcon調理科

進路情報

LinkIcon情報技術科
LinkIconインテリア科
LinkIconデザイン科
LinkIcon調理科

保護者の皆様へ

LinkIconお知らせ


年間行事

LinkIcon年間行事
LinkIcon行事の写真

部活動

LinkIcon部活動一覧
LinkIcon野外競技
LinkIcon室内競技
LinkIcon文科系
LinkIcon同好会
LinkIcon最近の実績

生徒会 

LinkIcon生徒会だより

中学生の皆さんへ

LinkIcon平成30年度入試について
LinkIconオープンキャンパスについて
LinkIcon過去のオープンキャンパス
LinkIcon学校パンフレット
LinkIcon類型について
LinkIcon男女の割合
LinkIconよくある質問Q&A
LinkIcon活躍している卒業生

卒業生へ

LinkIcon各種証明書の取得について
LinkIcon活躍している卒業生

地図

LinkIcon周辺地図